Share Button

今日はいよいよ帰国の日。

朝食はホテルのブッフェで済ませ、チェックアウトをして九龍駅までシャトルバスで移動。

九龍駅は空港までの電車(エアポートエクスプレス)に乗れる他、航空会社のチェックインカウンターもありチェックインと手荷物預けも可能。

早速チェックインをしてスーツケースも預けて身軽になったところで、駅に直結したショッピングセンターでお買い物・・・と思ったらお店のオープンがほとんど11時から。
仕方がないので開いていたHMVなどを見てDVDをいくつか買って、そのまま空港へ。

エアポートエクスプレスは12分間隔で出発しているためか車内はガラガラで、20分ほどで空港に到着。

空港でオクトパスカード(Suica/pasmoみたいなもの)を払い戻ししようとしたら改札がない!!

どうやら九龍駅で乗る際に料金を引かれたので出口はフリーパスらしい。

仕方がないので一度上のフロアの市内行きの乗り場まで行き、インフォメーションセンターで払い戻しをする。

面倒なので、九龍駅で払い戻してエアポートエクスプレスのチケットだけ別途買った方がよかったかも。

空港ではチェックインもすでに済んでいるのですぐに出国審査と手荷物検査へ。
出国審査で「息子のチケットは?」と言われるが、JALは親のチケットにお子様マーク(哺乳瓶マークみたいなもの)が書かれるだけ。
そう説明するも、若干納得しない感じ・・・。頼むからそんなことはJALとの間で解決しておいてもらいたい。

さらに手荷物検査では持ち込んだベビー麦茶が持ち込み不可と言われ、子供用と説明するもベビーフード以外はダメだと言うので廃棄。

出国後は昼飯と最後のお土産探し。
空港内でディズニーランドの土産袋を持った人がいやに多いなーと思ったら、空港内にディズニーランドの土産物屋があった。
特にこだわりがあるわけじゃなくて、お土産用としてお菓子とか小物を買うだけならここで充分。
ここで買えることを知ってたらわざわざ初日から買わなかったのに・・・。

しかし、香港空港は広い。。。
ゲートまで結構歩かなければならず、ゆっくりと昼飯を食べてたら、搭乗前に息子を遊ばす時間が充分に取れなかった。

帰りの飛行機は、気を利かせて窓側の前が壁の席にしてもらえ、しかも空席があったので3席とも使わせてもらえたし、足元が広いので子供が少し遊ぶこともできた。

ただ、この席は前が壁の席はテーブルなどが肘掛に収納されているので肘掛を上げることができないのが不便。
どの席がベストとは言えないけど、子供が寝てしまうなら、親二人の膝の上に横に寝かせられる肘掛を上げられる普通の席の方が便利かも。

ちなみに、帰りも日本のお菓子かな?と期待したら普通に香港のお菓子。棒状クッキーで堅くて息子は食えず。。。(香港の子供でも食えるのか?というぐらいの堅さ)
それと子供用の食事はミートソース系のショートパスタ。大人用の機内食の味のないカツ丼(塩をかけて食べた)より遥かに美味しかったです。
(お菓子も自分で持っていったのがあったので大丈夫でした。)

成田-香港は行きが5時間以上ほどかかるのに、帰りは4時間弱なので、帰りは息子はあまり寝なかったけど、さほど苦労もなく成田到着。

チェックインの際にベビーカーをどこで受け取りたいかと聞かれたので「ゲート(ブリッジ」と希望していたのに、(日本だから問題ないだろうと思ったら)ゲートの係員は聞いてないと言われ結局ターンテーブルで受け取ることと。
こんな不確かなサービスなら、いっそすべてターンテーブルの方がわかりやすくていいと思うのですが・・・。

時間帯が良かったのか、入国審査はほぼ待ち時間0で通過。しかし、その分ターンテーブルでの荷物受け取りで30分近く待たされました。

税関通過後に預けていたコートを受け取り、今日はそのまま空港近くのANAクラウンプラザホテルに泊まる予定だったので移動。
ホテルに着いたのが9時頃で、小腹も空いていたので1階のレストランに軽食を食べに行ったのもの、ホテル内だけあって結構な値段(ちなみに朝食は2,500円!!)。

食事後は部屋に戻り、翌日から嫁の実家に1泊してから家に戻る予定だったので、嫁の実家に持っていく荷物と自宅に宅急便で送る荷物の整理をしての就寝となりました。

香港旅行記終了


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
秋田県大潟村から美味しいお米をお届けします!
黒瀬農舎オンラインショップ
http://www.kurose-shop.com
新米の出荷も始まりました!
→→自宅で簡単に作れる発芽玄米のレシピ載せてます←←
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+


Share Button