秋田県大潟村で栽培した安心・安全・美味しいお米を産地直送・宅配しています。 農薬化学肥料不使用あきたこまち、減農薬あきたこまち、発芽玄米餅、手軽に簡単・発芽玄米レシピ

ブログ

  • HOME »
  • ブログ( by 黒瀬 友基 )
2007年9月1日

昨日、消費者団体などの方が実際に生産現場を見て回る確認会が行われました。
確認会では、農薬や肥料などの使用状況の確認を確認すると共に、実際に田んぼを見て、生育状況の確認、意見交換などを行います。
田んぼの視察は、東京と関西から来た消費者団体の方などと共に、同じ大潟村の10軒ぐらいの農家が集まって、それぞれのの田んぼを全員で見て回りました。

今回見て回った全員が減農薬や無農薬のお米を作っているのですが、全員が同じお米の作り方をしているかと言えば、そんなことはありません。
各農家がそれぞれ、化学肥料を使わず、農薬を減らしても美味しいお米が作れるように工夫しています。
生産者は、全員が同じ村に住んでいるので、色々と各農家同士で話をすることもあるのですが、全員が一同に会して田んぼを前に生産方法を話すような機会は余り多くありません。
また、同じ村と言っても広さは山手線の内側よりも大きいぐらいなので、お互いの田んぼが20km以上も離れている場合もあり、お互いの田んぼを見る機会もそれほど多くないのです(田んぼが近いと、農作業の途中に立ち寄って、立ち話で意見交換をすることも多々ありますが)。
そのため、交換会では、各農家の米作りの工夫などをそれぞれが説明することで、生産者同士の意見交換の場、さらに良いお米作りを目指す場にもなっています。

2007年8月29日

先日、同級生が出産祝いにと遊びに来てくれる予定があったので、車で5分ほどのところにある地元のホテルの売店にデザートを買いに行きました。

左がココマンゴー。右がマンゴープリン。
ちょっと遅い時間に行ってあまり種類がなかったので、種類変えたけどカブってます(笑)。
マンゴープリンはガツンとマンゴー味。ココマンゴーはマンゴープリンほどマンゴー味のパンチはないけど、クリーミーな食感。どちらも美味しかったです。

2007年8月27日

田んぼの周りの草刈と平行して、現在田んぼの中の草取りも行っています。
こちらは、近所のパートのおばさん達にお願いしての作業。
1週間から10日程の期間で、毎日15-20名程度に来てもらっています。
7月にも延べ400人以上のおばさん達に来てもらいましたが、この時期は、田んぼの中の「ヒエ」だけを取ります。

田んぼの中に生えているヒエを切って、田んぼの外まで運びます。
と簡単に言うものの田んぼの奥行きは100m。真ん中の雑草だと、田んぼの中を担いで50m歩かなければいけません。
秋田も少しは涼しくなったとは言え、まだまだ昼間は暑いわけで、おばさん達も大変です。
そして、これがおばさん達が頑張って田んぼの外に運んできた「ひえ」
恐るべき量です。

« 1 355 356 357 »

過去のブログ(月別)

お問い合わせ・注文フォーム
オンラインショップへ移動
PAGETOP
Copyright © 提携米・黒瀬農舎 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.