秋田県大潟村で栽培した安心・安全・美味しいお米を産地直送・宅配しています。 農薬化学肥料不使用あきたこまち、減農薬あきたこまち、発芽玄米餅、手軽に簡単・発芽玄米レシピ

提携米・黒瀬農舎

Share Button
田植え作業(5月)

田植え作業(5月)

黒瀬農舎は、昭和50年に大潟村に入植することから始まりました。

30年程前からは環境問題や食の安全に関心の高い仲間生産者と共に、農薬や化学肥料などに依存しない安心できるおコメ作りをしています。

また、遺伝子組換技術の導入阻止や食の安全問題、ブナ植栽など環境運動にも積極的に参加しています。

そのような栽培姿勢と理念に共感いただいた消費者の方に直接お米を届け、そして支えていただくことで、30年近くに渡ってお米作りを続けてくることができました。


手取り除草(6~7月)

手取り除草(6~7月)

自然を生かし、自然の恵みを授かる農業
役所や農協の指導する「省力」「多収穫」「経営の合理化」は、自然の征服を目指す近代農業。

黒瀬農舎では、それとは全く逆の姿勢で「手間ひま惜しまず、収量は少な目に・・・。」、そして何よりも自然に挑戦するのではなく、自然を生かし、自然の恵みを授かる姿勢が基本です。

黒瀬農舎では、多収穫を求めるための化学肥料は使いません。
多収穫を求めない適切な量の有機質肥料だけを使用すると病害虫にも強い丈夫な稲が育ち、その結果、病害虫農薬を使う必要がありません。


稲刈り(9~10月)

稲刈り(9~10月)

お弁当に冷めても美味しいおコメ
お米の味が決まる栽培上での大きな条件は「品種」、「気候・土質」そして「育て方」の3つです。

品種-
「あきたこまち」は、炊きたては勿論、お弁当やおにぎりに、冷えてもコクと粘りのある最高の品種です。また、玄米や分搗き米としても、もっちりとした食感が愉しめるお米です。
気候・土質-
昼は暑く、朝晩が涼しい米作りに最適な東北の気候。そして湖を干拓した大潟村の肥沃な大地。何より、あきたこまちという品種が生まれた秋田こそが最適な気候で美味しい「あきたこまち」を育てます。
育て方-
多収穫を望まず、有機質肥料によってじっくり健康に育てた「あきたこまち」の美味しさは格別です。


田んぼ見学会(7月)

田んぼ見学会(7月)

安定供給・安心できる提携米
安心できる・素性が明らかな食べ物は、残念ながら大量生産できません。

黒瀬農舎は、私たちの栽培姿勢に賛同下さる個人消費者の皆さんと、私たちの生産姿勢と同じ理念を持って安全な食べ物を追求されている小規模な生協や共同購入団体にだけ「あきたこまち」をお届けしています。

また、生産現場の情報をお伝えできるように毎月「提携米通信」をお米に添えてお届けしています。
そして、定期的にお米を購入いただいている方がいつでも生産現場を見られる滞在用のロッヂを用意しています。
お米をご購入の方は、いつでも圃場見学はできますが、それ以外に、定期的に見学を兼ねたイベントも開催しています。


お米を保管する低温倉庫

お米を保管する低温倉庫

収穫後も出荷までの品質管理
お米の味は栽培方法はもちろん、収穫後の保管、精米などでも大きく変化します。
そのため、収穫後は味が落ちにくい籾のままで貯蔵し、夏場は低温倉庫で保管しています。

精米時は原料米の水分量に応じた調整を行うことで、1年を通して安定した美味しいお米をお届けできるように取り組んでいます。

また、お届け時に真空包装にすることで、出荷後もできる限り味が落ちないようにしています。

真空包装に関するご案内は下記もご覧下さい。
会員の皆さんへ|真空包装と保管(2kg/5kg包装)

Share Button

お電話でお気軽にお問い合わせ・ご注文下さい。 TEL 0185-45-3088 ※自宅兼事務所/毎日朝8時~夜8時頃迄

PAGETOP
Copyright © 提携米・黒瀬農舎 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.