秋田県大潟村で栽培した安心・安全・美味しいお米を産地直送・宅配しています。 農薬化学肥料不使用あきたこまち、減農薬あきたこまち、発芽玄米餅、手軽に簡単・発芽玄米レシピ

栽培方法・肥料/農薬

Share Button

黒瀬農舎では、秋田県で生まれた「あきたこまち」を栽培・お届けしています。
→「あきたこまち」の特長・ご案内

また、黒瀬農舎では栽培方法により【特】と【減】の2種類のお米を栽培しています。

【特】 農薬化学肥料を一切使わず、有機質肥料だけで育てたお米 ※一般的に無農薬栽培と言われるお米
【減】 除草剤のみ1回使用。その他は【特】区分と同じ栽培方法のお米

使用している資材についての詳細は以下の通りです。


肥料
▼化学学肥料(化成肥料)
すべての田んぼで化学肥料は一切使用していません。

有機質肥料工場の視察

有機質肥料工場の視察

▼有機質肥料の選定
肥料はすべて有機質肥料を使用しています。
黒瀬農舎では、餌への抗生物質の投与の有無や、肥料製造現場の確認、肥料製造メーカーの信頼性などを総合的に判断し、現在は主に「うずら糞」を主原料とした有機肥料を使用しています。
また、肥料の投入量も、美味しいお米ができる適切な投入量になるようにしています。


温湯消毒

温湯消毒

農薬
▼除草剤
【特】区分:除草剤含めて農薬は一切不使用
【減】区分:除草剤を1回のみ使用(除草剤以外の農薬は不使用)

 ※【減】区分の除草剤も、土壌残留性や魚毒性が高い除草剤は避け、散布時期・回数も田植え直後の1回のみとしています。

▼除草剤以外の農薬(殺菌・殺虫剤)
除草剤以外の農薬(殺菌・殺虫剤)は、(減)区分・(特)区分、いずれにおいても一切使用していません。

なお、異常気象で病害虫が異常発生し壊滅的な被害などが想定される場合など、病害虫農薬を使用せざるを得なかった際は、提携米通信やホームページで出荷前に告知します。(但し、これまでは、病害虫農薬を使用したお米を提携米として出荷したことはありません)

カモ除草

カモによる除草

▼【特】区分での除草方法
除草剤も使用しない(特)区分の田んぼでは、草や田んぼの土壌条件により異なりますが、田植え後から歩行式/乗用式での除草3~5回、機械で取りきれない部分は手作業での除草2~3回で行っています。
また、一部の田んぼでは、カモを使った除草なども行っています。


農薬の残留について
一般的に、お米は8月以降に穂が出てから散布した農薬は収穫お米自体に農薬成分が残留する可能性があると言われています(8月以降に使用しても、すべてが残留するわけではありません)。

我が家の(減)区分で使用する除草剤は、田植え直後の6月上旬に散布していますし、定期的に行う残留農薬検査でも残留農薬は「なし」となっています。

※黒瀬農舎の(減)区分(除草剤一回のみ使用)と一般的な減農薬栽培/特別栽培米(農薬の使用量は慣行栽培の半分以下)のお米は異なります。一般の減農薬米・特別栽培米は8月まで殺菌/殺虫剤の散布を行うことがあります。

Share Button

お電話でお気軽にお問い合わせ・ご注文下さい。 TEL 0185-45-3088 ※自宅兼事務所/毎日朝8時~夜8時頃迄

PAGETOP
Copyright © 提携米・黒瀬農舎 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.