Share Button

一時的な強風(突風?)のおかげで、田んぼ2枚を囲うネットの一部が大きく外れてしまって、大脱走してました・・・(>_<)

2016061701

逃げていたカモの一部。遠くまで逃げたのは1km先にいました…。

Facebookに書いたら「数(桁)間違ってませんか?」と言われたのですが、うちの田んぼ1枚に250羽のカモを入れており、その大半が逃げた&それが2枚という事で400~500羽近くが逃げたようです。

いつもは逃げても数十羽程度で(それでも多いけど)、大体はお隣の田んぼにいるのですが、今日は大脱走の影響もあって、道のりで1km近くはなれた田んぼにも50羽以上が逃げてました。

さて、「400羽のカモをどうやって捕まえるんですか?」と聞かれたので、カモの捕まえ方を説明します。皆さんもカモを何百羽も飼う際のご参考に是非…(笑)。

  1. カモは群れで行動します。ですので、400羽と言っても実際には30~100羽弱の群れが10個程度にまとまっています。ですので、群れのままであればうまく捕まえられます。
  2. カモの群れを見つけたら、追い込みたい方向と反対側から棒(我が家の場合は長い釣竿/写真に少し映ってるヤツです)を持ちながら、ゆっくり、ゆーくりと追って行きます。
    このときに、驚かすと群れが四方八方に逃げてしまい絶対に捕まえられなくなります。一気に追わず、本当にゆーーーっくり、と後ろから誘導する感じです。
    カモの群れが広がっているときなどは、焦らずある程度まとまるまで待ってから追うといいと思います。
  3. そうすると自然とカモが反対方向に集団で泳いで(歩いて)動いて行きます。
    多少左右に広がりそうな場合は、その方向を長い棒で叩いてやると左右に広がらずにまとまって行動します。
  4. 最後は、それを追い込んで網の中に戻します。
    我が家では、初年度に大脱走を経験したので2年目以降、カモの網の四隅付近にゲートを作ってあります。カモをこのゲートの方向にゆっくりと追って来て、最後はゲートを開けて田んぼの中に戻せば完了です。
    最初からゲートを開けておくと中のカモが逃げてしまいますし、ゲート近くまでカモを追ってからゲートを開けに走ると、それに驚いてカモが四方八方に散らばるので、できれば2名体制で、追う役とゲートを開ける役がいると望ましいです。その場合は、ゲート近くに人がいるとカモが入らないのでゲートを開けたら少し離れるといいです。

    2016061702

    田んぼの四隅に作った脱走カモ回収用ゲート(笑)

以上です。

焦ると群れがわかれてしまうので焦りが禁物。時間はかかりますが、ゆっくりとやれば大丈夫です!

丁寧に書いてみたけど、きっと誰の役にも立たない情報でしょうね…(笑)

と言うか、本当は逃げないようにしっかりとネットを貼るのが正しいと思います。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
秋田県大潟村から美味しいお米をお届けします!
黒瀬農舎オンラインショップ
http://www.kurose-shop.com
新米の出荷も始まりました!
→→自宅で簡単に作れる発芽玄米のレシピ載せてます←←
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+


Share Button