秋田県大潟村で栽培した安心・安全・美味しいお米を産地直送・宅配しています。 農薬化学肥料不使用あきたこまち、減農薬あきたこまち、発芽玄米餅、手軽に簡単・発芽玄米レシピ
ブログ( by 黒瀬 友基 )

月別アーカイブ: 2009年7月

2009年7月28日

中学時代、深夜ラジオを聴くのが好きだった。

ちょうどそんな頃オールナイトニッポン(ANN)の土曜2部のパーソナリティーだったのが川村かおり。
ラジオで聞いた歌が気に入ってCDなんかも何枚か買った。

数年前に久々に写真を見たときは癌の闘病生活からなのかかなり老けたような感じだった。
自分が知っているANNの頃の川村かおりはまだ20歳にもなっていない頃だったので、その差が大きくて、なんとなく実感がわかなかった。

今日亡くなったというニュースを見て、久々に昔の曲を聴いたけど、懐かしさもあるのかもしれないけどやっぱり良い曲だった。

38歳は若い。
そして子供もまだ小学2年生とのことで、つらいし悔しいだろうね。

ご冥福をお祈りします。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
秋田県大潟村から美味しいお米をお届けします!
黒瀬農舎オンラインショップ
http://www.kurose-shop.com
新米の出荷も始まりました!
→→自宅で簡単に作れる発芽玄米のレシピ載せてます←←
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+


2009年7月27日

さくらんぼと言えば山形が大産地で、旬は6月下旬頃まで。
ただ、秋田でも南の方でさくらんぼを作っていて、収穫期は山形よりも1~2週間程度遅くまで取れる。

ただ、7月の上旬を過ぎると、スーパーの店頭などではさくらんぼより桃の扱いが増えるらしい。
だから、秋田では、山形より遅くまでさくらんぼが作れるといっても、やっぱりみんなが旬だと思っている6月中旬~7月上旬ぐらいが最盛期とならざるを得ないんだとか。
そして、その先は、桃→メロン→スイカと移り変わっていくらしい。

さらに、最近では、九州・沖縄や台湾のマンゴーが6~7月頃に旬を迎えるので初夏~夏の果物の競争はますます激化してる感じだね。

まぁ、米に関しても、秋田の米のライバルが新潟のコシヒカリだとか、宮城のササニシキだとか、はたまたお手ごろ価格の北海道産だとか色々言うけど、それよりも、パンだとかラーメンだとか、もしくはお菓子だとか、そういったものがライバルなのは間違いないだろうね。
ここ数十年で米の消費量は半分にまで落ちてるんだから。

打倒山崎製パン、打倒日清食品ぐらいの意気込みじゃないといけないですね、米農家は(笑)。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
秋田県大潟村から美味しいお米をお届けします!
黒瀬農舎オンラインショップ
http://www.kurose-shop.com
新米の出荷も始まりました!
→→自宅で簡単に作れる発芽玄米のレシピ載せてます←←
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+


2009年7月26日

さて、久々の農作業の話題。
別にサボってたわけじゃなくて、細かい作業は日々してたんですけどBLOGに書くほどでもなくてね・・・(言い訳)。

田んぼと言えば、ずっと水が入っているイメージがあるかもしれませんが、実際には水が入っているのは田植えの10日ほど前(5月中旬)から7月下旬までの約2ヶ月。
それ以降は、水はけの良い土壌の田んぼや、雨が少なく乾きすぎた場合などに何度か水を入れることはありますが、基本的には水を抜いた状態を保ちます。
特に水はけの悪い大潟村では、田んぼをしっかり乾かしておかないと秋の収穫時期に機械が入れなくなってしまいます。

そのために行うのが、溝切り。
溝切りは、この時期に田んぼの水を落とした上で、田んぼに溝を切り、田んぼの中の水が残っている部分などから排水口までの水が流れやすくします。

そして、溝切りを行う機械が、これ。「溝切り機」
前(上の写真左側)の車輪で前進し、後ろの三角形の部分で溝を掘ります。

こんな感じで後ろからハンドルを押さえるようにして、歩いていきます。
「単に歩くだけでしょ」と言われればその通りですが、真夏の暑さの中、そして足元が不安定な田んぼの中なので結構な重労働です。

このように溝が掘られます。(中央の水が溜まっているのが掘られた溝)
水を切って2~3日してから溝を切りますが、早すぎると土が緩いため溝が崩れて溝が潰れて(細くなって)しまい、逆に遅すぎると土が固くなってうまく溝が掘ることができません。
写真の溝は若干緩すぎたので、後日2回目の溝切りをする必要があるかも・・・。

とりあえず、今日までで全体の1/3が終了(まだまだ道半ば・・・)。
残りは、田んぼの乾き具合を見ながら数日後に行う予定です。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
秋田県大潟村から美味しいお米をお届けします!
黒瀬農舎オンラインショップ
http://www.kurose-shop.com
新米の出荷も始まりました!
→→自宅で簡単に作れる発芽玄米のレシピ載せてます←←
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+


1 2 3 6 »

過去のブログ(月別)

お問い合わせ・注文フォーム
オンラインショップへ移動
PAGETOP
Copyright © 提携米・黒瀬農舎 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.