秋田県大潟村で栽培した安心・安全・美味しいお米を産地直送・宅配しています。 農薬化学肥料不使用あきたこまち、減農薬あきたこまち、発芽玄米餅、手軽に簡単・発芽玄米レシピ
ブログ( by 黒瀬 友基 )

月別アーカイブ: 2009年8月

セゾングループ元代表の堤清二と、 ベストセラー「下流社会」の著者の三浦展との対談集。

若造の自分にはうまく説明できませんが、堤清二の発言は、世の中とか物事に対する洞察が深く、その奥に哲学が感じられます。(その分、三浦展の言葉がイヤに軽く感じられたりするんだけど)

単に金儲けだとかの損得勘定に限らず、その奥に哲学があって、セゾングループは成功してきたんだろうなぁーと。

最近のIT企業だとかの経営者の言葉を見ると、あくまでも表面上の儲けだけを追求する姿勢が感じられますが、それとは違う気がします。
最近流行りのIT業界は普通の7倍のスピードのドックイヤーと言われていますが、その分、経営者や経営姿勢に深みがなくなってしまっているのかもしれません。

それは、経営者だけが悪いのではなく、社会的環境がスピードを求めているから仕方ないことなんでしょう。

その結果として、深みはもちろん、バッファというか遊びも減ってきているように感じます。

目の前の売上とかとは直接関係が薄いかもしれないけど、深みだとか哲学だとか、バッファだとか遊び(のりしろ)っていうのが意外と大事なモノのような気がするんですけどね。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
秋田県大潟村から美味しいお米をお届けします!
黒瀬農舎オンラインショップ
http://www.kurose-shop.com
新米の出荷も始まりました!
→→自宅で簡単に作れる発芽玄米のレシピ載せてます←←
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+


2009年8月25日

今月はお米の売上が伸び悩んでいます

と言っても、実は毎年8月(夏場)はお米の売れ行きが鈍る月なのです。
(多分、我が家に限らず、どこでもそうだと思います。)

おそらく、暑さで食欲が落ちる、または素麺などの冷たい麺の食事が増えることと、お盆休みに旅行や実家に戻るなどの理由で自宅で食事をしないことが原因のようです。
(一方で、「お盆で子供たちが実家に戻ってくるので」と言ってお米の購入量が増えるお客さんも一部いますが)

暑いときこそ、しっかり食べて夏を乗り切ろう!!と言いたいですが、自分も暑いと冷たい麺が食べたくなってしまうんで・・・仕方ないですかね。

さて、それでは、1年で一番お米が売れる月はいつでしょう!?

答え:新米の時期の10月!!


・・・と思うかもしれませんが、実は10月は、8月ほどではないにしても売れ行きが落ちます

こちらは、新米の時期だからこそ、農家の親戚や実家から進物で新米をもらうと言う人があり、その結果、売上が落ちてしまいます。
お米を食べる量は他の月と同じ、もしくは食欲の秋なので他の月よりも多いのかもしれませんが、お米の販売量というのは以外にも減ってしまうんです。。。

ちなみに、「1年で一番お米が売れる月は!?」という質問の正解は・・・「毎日食べるものなので、極端に多く売れる月はありません。」と言うのが正解です。
ツマラナイ答えでゴメンナサイm(__)m


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
秋田県大潟村から美味しいお米をお届けします!
黒瀬農舎オンラインショップ
http://www.kurose-shop.com
新米の出荷も始まりました!
→→自宅で簡単に作れる発芽玄米のレシピ載せてます←←
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+


2009年8月24日

広島空港を経由して、バスで2時間。

やってきたのは、島根県浜田市弥栄町(旧・弥栄村)。

ここの「弥栄ふるさと体験村」に行ってきました。

目的は、全国の若手農家の飲み会研修会。

主催は、うちの取引先の「大地を守る会」さんで、そこに出荷をしている生産者の若手が集まって研修を行います。


地元で有機みそを作る作業所を見学したり、地元農家の畑を見学したり、地域活性化についての講演を聞いて、グループディスカッションをしたり、夜中の3時半までの飲み会意見交換と、有意義な一泊二日の研修。

違う作物を作る農家との交流なので、直接、今日明日の農作業に役立つ話ではないけれど、間接的に役立つことは山ほどあるし、やはり年に会えても1-2回の他の地域の農家との交流は嬉しいし、楽しいもの。

来年は宮古島での研修会!?
参加はまだ2回目ですが、「来年は、嫁さんと子供連れてく?」なんて会話ができるのは、同じ農家の後継者(しかも有機農業)と言う共通点からかも。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
秋田県大潟村から美味しいお米をお届けします!
黒瀬農舎オンラインショップ
http://www.kurose-shop.com
新米の出荷も始まりました!
→→自宅で簡単に作れる発芽玄米のレシピ載せてます←←
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+


1 2 3 4 »

過去のブログ(月別)

お問い合わせ・注文フォーム
オンラインショップへ移動
PAGETOP
Copyright © 提携米・黒瀬農舎 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.