秋田県大潟村で栽培した安心・安全・美味しいお米を産地直送・宅配しています。 農薬化学肥料不使用あきたこまち、減農薬あきたこまち、発芽玄米餅、手軽に簡単・発芽玄米レシピ
ブログ( by 黒瀬 友基 )

商品・出荷

2018年3月12日

先日米ぬかについてお問い合わせがありましたので、ご案内致します。

Q. 米ぬかが欲しいのですが、お米と一緒に販売していますか?

A. 米ぬかはお米と一緒にお送りすることが可能です。

但し、下記の注意事項をお読み下さい。

米ぬかが必要な際は、ご注文の際に、その旨を書き添えてください。(特に袋数の記載がない場合は1袋入れさせてもらいます)
オンラインショップの場合は、備考欄にご記入下さい)

左が米ぬか。 5kg包装のお米(写真右)と同等の袋の大きさで米ぬか約2kg前後となります。

左が米ぬか。
5kg包装のお米(写真右)と同等の袋の大きさで米ぬか約2kg前後となります。

  • お米と一緒にご注文の場合
    • お米と一緒のご注文であれば、米ぬかを無料でお送りします
      -玄米を注文の場合でも、米ぬかを一緒にお送りできます。
    • 米ぬかを入れたため運賃が上がったり箱数が増えた場合は、運賃・梱包費用の実費をご負担下さい。(1梱包1,000円~1,500円前後)
      -米ぬか1~2袋なら、ほぼ追加の運賃がなく発送可能です。
  • お米と別送をご希望の場合
    • 定期的にお米をご購入の方で、米ぬかだけを別に必要な場合は、米ぬかのみ発送することは可能ですが、運賃、梱包費用の実費をご負担いただきます。(1梱包1,000円~1,500円前後)
    • お米をご注文でない方への米ぬかのみの販売はしておりません。
  • 米ぬか1袋のサイズ
    • 米ぬかは、白米や玄米の5kgサイズのポリ袋に入れて1袋あたり約2kg前後です。(正確な計量はしていません)
  • 注意事項
    • 米ぬかは真空状態ではありません。また、夏場などはすぐに虫などが発生する可能性がありますので、お届け後すぐに冷蔵庫などで保管下さい。
      運賃など実費を頂いているだけですので、虫の発生などによる返品、交換などはご容赦下さい。
    • 糠漬けなど利用を前提としております。我が家では米ぬかを田んぼの肥料として利用しているため、1~2袋程度であれば問題ありませんが、家庭菜園への利用などを前提とした多量(1回あたり5袋以上)のご要望についてはお断りさせていただくことがあります。
    • 米ぬかの無料サービスでの同梱は、我が家に直接お米をご注文の方のみとさせて頂いております。(団体、自然食品店様でお買い求めの際は、こちらから直送の場合でも対応できません)

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
秋田県大潟村から美味しいお米をお届けします!
黒瀬農舎オンラインショップ
http://www.kurose-shop.com
新米の出荷も始まりました!
→→自宅で簡単に作れる発芽玄米のレシピ載せてます←←
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+


タイの高級デパートの食品コーナーです。

オーガニック売り場があります。この裏にも売り場があって結構な種類が揃っている様子。

EXIF_HDL_ID_1

オーガニックコーナー

ただ、タイのオーガニックは、なんとなく無農薬ならオーガニックと言う感じなような気もします。

そして、こちらのHYGIENICコーナーは、衛生的ということでどんな分類なんでしょう…。

EXIF_HDL_ID_1

オーガニックではないけどちょっと高級なコーナー

そんな野菜と別に日本産野菜コーナーも。

ショーケースに入っている陳列の様子からして、オーガニック<日本産、って感じですかね?

EXIF_HDL_ID_1

日本の野菜も売ってます。

ただ、目立つのは野菜よりも日本の果物。

EXIF_HDL_ID_1

日本の果物も。

シャインマスカットは5,000円~7,500円!

そして、写真奥のバッドマンおじさんが手にするのは「福岡県産いちご(あまおう)」2箱!!

お値段は1箱5,600円です!( ̄◇ ̄)

 

僕には絶対に手が出ません…。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
秋田県大潟村から美味しいお米をお届けします!
黒瀬農舎オンラインショップ
http://www.kurose-shop.com
新米の出荷も始まりました!
→→自宅で簡単に作れる発芽玄米のレシピ載せてます←←
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+


先日、肥料の製造現場と共に、日本米の栽培している田んぼも見学してきました。

元々、先代の社長がタイ南部で30年以上前から日本米を栽培しているとのことで、30年前と言えばタイでも先駆的な日本米の生産のようでした。

そちらの圃場は飛行機乗らないといけないような場所なので、今回はバンコク郊外の肥料工場の一角にある試験圃場を見学。

20180113_000

水をはった田んぼに発芽させた種を蒔く湛水直播栽培

こちらは無農薬栽培で生産しているお米。

本来なら12月下旬に収穫予定であったところ、少し低温だったため収穫はもう少し先になりそうとのこと。

天候が悪く収穫が遅れたおかげで田んぼにある稲を見ることができました。

20180113_001

無農薬栽培の日本米

南部の圃場では一時期、日本製の田植え機を使っての苗箱育苗&移植栽培も行ったそうですが、移植時に根が痛む中、高温で成長が早いため、根の回復と生育のバランスが悪く(根が回復してしっかり生育するまえに出穂してしまうらしいです)、日本製田植え機の利用はやめてしまったようです。

20180113_002

工場に日本から輸入したコンバインも置かれていました。

少しだけどタイの米作りを見ることができました。

次回はできればじっくりと田んぼを見たいですね。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
秋田県大潟村から美味しいお米をお届けします!
黒瀬農舎オンラインショップ
http://www.kurose-shop.com
新米の出荷も始まりました!
→→自宅で簡単に作れる発芽玄米のレシピ載せてます←←
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+


1 2 3 13 »

過去のブログ(月別)

お問い合わせ・注文フォーム
オンラインショップへ移動
PAGETOP
Copyright © 提携米・黒瀬農舎 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.