秋田県大潟村で栽培した安心・安全・美味しいお米を産地直送・宅配しています。 農薬化学肥料不使用あきたこまち、減農薬あきたこまち、発芽玄米餅、手軽に簡単・発芽玄米レシピ
ブログ( by 黒瀬 友基 )

月別アーカイブ: 2011年5月

2011年5月28日

大潟村の田植え最盛期は過ぎつつありますが、我が家は昨日からようやく田植えスタートです。

今日は多少雨が降りましたが、田植えで一番困る風は昨日も今日もあまり強くないので助かりました。
ちなみに、我が家の田植えは通常、父、自分、パートのおばさんの計3名での作業。
父が田植え機に乗り、自分が苗の補給、苗箱の片づけを行い、パートのおばさんがハウスから田んぼへ苗のピストン輸送という形です。
ただ、毎年、取引先の社長さんが1日手伝いに来てくれます。
今年も来てくれたのですが、もう一人、さらにその社長の会社の取引先の社員も手伝いに来ました。
(写真中央が、手伝いに来てくれた取引先の社員)

しかし、話を聞いたらその人が住むのは宮城県亘理町!!
3月の地震による津波で大きな被害があったところです。
幸いにも家は内陸側だったので被害はなかったそうですが、会社は一部被害があったとか。
そして、電気が通ったのもつい最近、GW明けだったとのことです。
うちらが手伝いに行かなきゃいけないところなのに、逆に我が家の田植えの手伝いしてくもらってるって・・・。
ほんとありがとうございましたm(__)m
我が家の田植えはまだ始まったばかり。
あと2日ほど田植えをしたら、まだ代掻きなどもしていない田んぼもあるので、田植えはいったんお休み。
4~5月の悪天候の影響で、例年なら5月中には終わる田植えも、終わりが6月10日頃になりそうな感じです。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
秋田県大潟村から美味しいお米をお届けします!
黒瀬農舎オンラインショップ
http://www.kurose-shop.com
新米の出荷も始まりました!
→→自宅で簡単に作れる発芽玄米のレシピ載せてます←←
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+


2011年5月25日

今度、秋田の食に関するシンポジウムに出させていただくことになりました。
先日、シンポジウムの主催者さん、進行役の方と事前の打ち合わせをする機会がありました。
そこで、「農業が生き残るためには?」と言うような話もあったのですが、その進行役の方と話してて一致したのはよくある「高付加価値の差別化」と言う話は『机上の空論』だと言うこと。
机上の空論と言うのは多少言い過ぎですが、高付加価値化がすべての解決策には成り得ないのです。
高付加価値商品は、確かに単価も高くなり利益率も上がり、そして他社との差別化もできます。
ただ、残念ながら高付加価値商品のマーケットは大きくありません
ほとんどの人は高付加価値ではなく、お手頃価格でそこそこの品質の農産物を求めているのです。
1軒の農家や農業法人が高付加価値戦略を取るなら成功する可能性はじゅうぶんにありますが、秋田県の農業全体が、高付加価値農産物のマーケットに行くには無理があります
従って、秋田県の農業をどうするか→高付加価値農業、と言うのは完全に机上の空論でしかありません。

今回話をさせて頂き、あらためてそんな点を実感したわけですが、進行役の方もそのような理解をしている今回のシンポジウム。
単に机上の空論で話をするのではない面白い内容になるのでは、と期待しています。
(私の話はあまり期待されても困りますが・・・)


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
秋田県大潟村から美味しいお米をお届けします!
黒瀬農舎オンラインショップ
http://www.kurose-shop.com
新米の出荷も始まりました!
→→自宅で簡単に作れる発芽玄米のレシピ載せてます←←
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+


2011年5月24日

田植え準備のため、田んぼの中での肥料散布や代掻きなどの作業と並行して、田んぼの周囲の草刈もしています。

我が家のアゼは菜の花だらけ・・・。
昔、近所の農家友達に「菜の花植えてるの?」と聞かれましたが、別に植えてません・・・。
周囲で自生していた菜の花の種が我が家の田んぼの周りに飛んできて、それがどんどん繁殖してこうなりました。
以前、見学に来た方から、田んぼの周りに生えてるシロツメクサを見て「これを摘んで花輪を作っていいですか?」と聞かれたので、「雑草で刈るんで、好きなだけどうぞ。」と言ったら「刈っちゃうんですか!!」と驚かれてしまいました…。
確かに菜の花やシロツメクサなどのきれいな花を刈るのはもったいないのですが、作業をする際に邪魔になることと、それ以上に、草が生えていると虫が集まり稲にも虫の被害が出てくるため、きれいに刈り取る必要があります。

これから、田植え前後から稲刈り前まで最低でも3週間~1か月に1度は草刈をすることになります。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
秋田県大潟村から美味しいお米をお届けします!
黒瀬農舎オンラインショップ
http://www.kurose-shop.com
新米の出荷も始まりました!
→→自宅で簡単に作れる発芽玄米のレシピ載せてます←←
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+


1 2 3 »

過去のブログ(月別)

お問い合わせ・注文フォーム
オンラインショップへ移動
PAGETOP
Copyright © 提携米・黒瀬農舎 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.