秋田県大潟村で栽培した安心・安全・美味しいお米を産地直送・宅配しています。 農薬化学肥料不使用あきたこまち、減農薬あきたこまち、発芽玄米餅、手軽に簡単・発芽玄米レシピ
ブログ( by 黒瀬 友基 )

月別アーカイブ: 2012年12月

2012年12月28日

「儲かる農業」ってなんだろう?』と思うわけです。
儲かる農業としては、生産だけでなく、加工(二次産業)、販売(三次産業)を一貫する「六次産業化」が良く言われています。
確かに、自分で加工して、さらに販売すると利益率はガツンと上がります。
農家が初めて加工をして売ると「こんなに高く売って(利幅取って)いいの?」と喜んじゃうと思います(笑)。
そこで調子に乗って作りすぎて、その後に「なんでこんなに売れ残っちゃうの?」と言う在庫ロスに泣く農家も多いですが(笑)
(農産物はとりあえず市場に出荷すれば売れ残りと言うのはないので)

ただ、六次産業化して進めていくと、あることに気が付くと思います。

それは、農業やり続ける価値あるの?ってことです。

原料生産、加工、販売という3つの部門にわけて考えた場合、作るだけでは儲からないわけですから、、当然原料生産部門の利益は少ないです。
つまり、加工やそれを販売する部門(部分)で利益を生み出しているわけです。
と言うことは、むしろ農業(生産)を切り捨てて、加工や販売に特化した方が正解なんじゃないでしょうか?
つまり、「儲かる農業」を追求していくと、最終的には農業生産を辞めたほうが正解かも…?
確かに、農家が立ち上げて加工もやって成功している例を見ると、
生産部門はあまり規模拡大せず、原材料は周辺に契約農家を増やすことで対応しているケースが多いようにも思います。

「農家が作ってます」、「生産から加工、販売まで一貫してます」という宣伝もできるので、完全に生産を辞めてしまうことは販売面でマイナスになるかもしれませんが、農業で儲けるには、農業生産をできるだけ少なくして他の部門を増やすと言うのが正解なんでしょうね。
「いい農産物を作っていれば売れる」と言うのが正しいとは言いませんが、
農業で儲けるためには「いい農産物を作る事よりも、農産物をできるだけ作らない」と言うのもなんだか寂しい話しのような気がしますね。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
秋田県大潟村から美味しいお米をお届けします!
黒瀬農舎オンラインショップ
http://www.kurose-shop.com
新米の出荷も始まりました!
→→自宅で簡単に作れる発芽玄米のレシピ載せてます←←
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+


2012年12月26日

最近、「TPPってどうですか?」なんて話しを久々に振られた。
なんかここ数年冬場になると何度も同じような話しが出ては消え…と言った気がしないでもない。
また、これから何度もそんな話しをする機会が増えるのかなぁ~。。。
ところで、
「『TPPで日本の農業を元気に!!』、『TPPで農産物輸出をして日本農業再生!!』という事で、TPPに賛成する農家がいる」と言うお話し。
輸出するのはいいと思うし、どんどんやればいいと思うんですけど、農産物輸出ってTPPに参加しないとダメですか?
例えば、自分に直接関係あるお米。そして、TPPで名前が出ているアメリカを例に取ると、
◆アメリカの関税
 玄米・短粒種 2.1 セント/kg
 精米・短粒種 1.4 セント/kg

こんな感じみたいです。
1kgあたり約2円。米農家が理解しやすい60kg(1俵)だと120円。
一方、国産米の相場は60kgあたり13,000円前後なので、アメリカの米に対する関税率って1%にも満たないわけです。
そうなると、
別にTPPに参加しなくても1%程度の関税なら輸出できません?
1%程度の関税なのに、なぜ今は農家は輸出してないの?
TPPに参加してこの1%がなくなったら、急に輸出が増やせるの?

なんて思うわけです。
こんなこと書くと、(関税が低いのに輸出しないって)日本の農家はバカでアホで、やる気がないから輸出なんてしないんだ、って思ってるのか?って言われるのかもしれません。
でも、そうじゃないんです。
もし仮に売れるなら農家がやらなくても商社が大々的に海外輸出をやっているはずです。
もちろん今でも多少やってますが、そんな微々たるレベルではなく、日本の農業が元気になるぐらいの規模でやっているはずです。

それすらなく、なんで輸出できない(輸出が少ない)かと言えば、
関税以前に、国内での生産コストが海外の市場価格とあわなかったり、そもそも日本米に対するマーケットがそんなに大きくないなど、関税とは別の問題があるんだと思うんです。
だとすれば、TPPに参加することが直接日本の農産物輸出を増やすきっかけにはならないと思うんですけど、違うんですかね?
アメリカ以外の国や米以外の品目で、今はべらぼうに関税率が高いので、TPPに参加したら絶対に輸出が増える、それで日本農業が強くなる、っていう農産物があるんでしょうか?

あればぜひ、教えて下さい。

追記:
誤解があると困るのですが、(日本の農業を救うほどの規模になるかはともかくとして)個人的に農産物輸出に可能性がないとは思ってません。

ただ、中国が安い農産物を輸出するのとわけが違い、日本のコスト高や品質を考えると高付加価値戦略になると思っています。
その場合、関税の有無以上に、むしろ販売戦略(マーケティングや広告・ブランディング)が重要になってくると思っています。
つまり、販売戦略の確立などTPP参加の有無とは関係なくやるべき重要なことがあるわけで、TPPに参加したから関税が下がって売れると言うものではないと思っています。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
秋田県大潟村から美味しいお米をお届けします!
黒瀬農舎オンラインショップ
http://www.kurose-shop.com
新米の出荷も始まりました!
→→自宅で簡単に作れる発芽玄米のレシピ載せてます←←
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+


2012年12月20日

先日隣町のきりたんぽ屋さんで作ってもらった「きりたんぽ」で、我が家でもきりたんぽ鍋を作りました。

今までのきりたんぽ鍋より10倍美味しいです ※あくまでも個人の感想です

まぁ、10倍美味しいと感じたのは、完全に思い込みでしょうが、
このきりたんぽ屋さんのきりたんぽってお米のつぶし具合が絶妙
まったくつぶさないと鍋で煮ると崩れてぼろぼろになるわけですが、逆につぶしすぎるとお米の粘りが出すぎて歯にくっついちゃうような感じで美味しくない。
しっかり粒が残ってるけど、煮ても崩れない。この絶妙さは、さすがです。

ちなみに、この完全につぶさずに適度なつぶし加減にするのを「半殺し」と言います。
(半分だけつぶすから、「半殺し」と言うようですが、なんとも物騒な名前ですね…w)

こちらのきりたんぽ、来年から販売したいと考えていましたが、早速お取引先さんからご注文を頂きました(^^
少量ですが、初出荷は年明け1月となりそうです!!


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
秋田県大潟村から美味しいお米をお届けします!
黒瀬農舎オンラインショップ
http://www.kurose-shop.com
新米の出荷も始まりました!
→→自宅で簡単に作れる発芽玄米のレシピ載せてます←←
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+


1 2 3 4 »

過去のブログ(月別)

お問い合わせ・注文フォーム
オンラインショップへ移動
PAGETOP
Copyright © 提携米・黒瀬農舎 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.