Share Button

我が家では、カモを襲うカラスへの対策として猟銃の所持と有害駆除を行っています。

鉄砲自体は猟を辞める人から譲ってもらうのでほとんどお金はかかりませんし、カラスを撃つと言っても1シーズンで何百発も撃つわけではないので、弾にかかるお金もそれほどではありません。

ただ、猟銃や弾を持つには様々な許可が必要で、また定期的に射撃場での訓練も必要となります。

写真は射撃訓練用の弾を買うための許可申請の費用(弾代はもちろん別)。その他にも狩猟のための許可、狩猟用の弾の購入許可(写真は射撃訓練用の弾の購入でまた別)、射撃場での訓練費用、3年に1度の免許の書き換え費用などなど・・・。

そんな手続きに結構な手間とお金が取られます。年間で一人4~5万円・・・。カモのための必要経費とは言え、結構なお金です。

20160708

毎年、弾を買うための許可(弾の購入代金は別)を取るために2,400円かかります。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
秋田県大潟村から美味しいお米をお届けします!
黒瀬農舎オンラインショップ
http://www.kurose-shop.com
新米の出荷も始まりました!
→→自宅で簡単に作れる発芽玄米のレシピ載せてます←←
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+


Share Button