Share Button

稲刈り前の事務仕事に飽きて事務所の掃除を始めたら、お客さんに配っている提携米通信の昔の原稿が出てきました。

整理はされてませんが、捨てられない性格なので色々と残っている我が家…。

20160920

それによれば26年前の1990年7月の通信「真空パックでお送りすることになりました。」という記事を発見

今から26年前に今の真空包装の形になったみたいですね。

通信によれば、精米・出荷作業と田んぼでの農作業が重なることでの苦労から、1週間程度量をまとめて精米して出荷できるという事で真空包装を導入したようです。

「真空パックゆえの新たな問題も出るかもしれないが、当面は真空パックで」と結んでいますが、それから26年、確かに輸送中の破損などの問題もありますが、メリットの方が多いので、今も真空包装でやってます。

 


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
秋田県大潟村から美味しいお米をお届けします!
黒瀬農舎オンラインショップ
http://www.kurose-shop.com
新米の出荷も始まりました!
→→自宅で簡単に作れる発芽玄米のレシピ載せてます←←
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+


Share Button