Share Button


英国へ県産こまち14トン輸出 秋田市の食品製造販売会社
 食品製造販売のエムアンドエム(秋田市)が、英国向けに本県産あきたこまちの輸出を始める。ロンドンの食品卸小売業者と20フィートコンテナ1本分に当たる約14トンの売買契約を交わした。
 輸出先は、ロンドン市内で食品スーパーや日本食レストランを営む「ジャパン・センター・グループ」。2005年にロンドン市内で開かれた日本食品フェアで商談したのがきっかけで、漬物などは既に輸出している。
 輸出するあきたこまちは北秋田市産。1キロ、2キロ、5キロの3種類の包装。4月4日にロンドン近郊のフェリックストウ港に向け出航。5月10日ごろにはロンドン市内のスーパー店頭に並び、1キロ当たり1500―2000円で販売される予定。(一部省略)
http://www.sakigake.jp/p/akita/economics.jsp?kc=20090401e

アジア圏(特に香港・台湾あたり)はすでに各県の米が輸出され、日系や日本食材を扱うスーパーだと10~20種類もの日本米が並べられている戦場のような状況なんで、海外やるならヨーロッパあたりがいいかなぁーとは思ってたんですけど、やっぱりやる人いるんですね。

しかし、店頭価格とは言え1500-2000円/kgなら5kgで7500円-10000円。

米の原価なんて400円/kg(2000円/5kg)もあれば十分だろうから、その差額は一番安いとしても1100円/kg。
輸出側や小売側の利益やリスクもあるだろうけど、それでも高すぎる気も。。。
海外輸出とかはさっぱりわからないんですが、送料なんて船便でコンテナ単位なら諸経費込みでも100円/kgもしない気がするんだけどなぁ。(保冷コンテナとか使うとすれば高いんだろうか)

ちなみに14トンと言えば5kg入りで2800袋。
4人家族が1ヶ月20kg消費すれば700世帯分。2ヶ月なら350世帯分。

中間マージンを省いて、350世帯に2ヶ月に一度の定期宅配を行うサービスってのは成り立たないものだろうかね。(一部は飲食店なども含めて)
なんとなく日本の小売価格の1.5倍~2倍程度にできれば可能性もありそうな気はするんですが。
(中間マージンを抜いたとしても、集客・宣伝費用とか、コンテナがいっぱいにならない場合のロスとかのリスクを考慮すると、やっぱりコストが高くなってしまうかもなぁ)


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
秋田県大潟村から美味しいお米をお届けします!
黒瀬農舎オンラインショップ
http://www.kurose-shop.com
新米の出荷も始まりました!
→→自宅で簡単に作れる発芽玄米のレシピ載せてます←←
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+


Share Button